[TOP]
ペットロス掲示板-天使になった猫たちへ-

題名
お名前
URL 入力禁止!
イメージ色
[admin]

[BACK][NEXT]

644: 愛するバロンへ

私のバロン…
あなたが居なくなって3日がたったね

永遠に愛してるよ

まだ涙がとまらないんだよ
ご飯が喉に通らないし、夜も眠れないよ
長風呂ももうしない
だって、バロンが居ないから。

6年間ずっと二人だったから
急に一人になって部屋が広く感じるよ

会いたいよ
またモフモフの毛を撫でさせて

もう一度あなたに会いたい

かおり 12/05 14:06

643: みーたん

みーたん、あの日から7年経ちました。
今日は仕事が休みで、みーたんのこと、それからの生活をゆっくり考えられます。
すべてが変わってしまったと実感するけれど、
もう一度会っても、
みーたんはおねえちゃんを選んでくれるだろうと思います。

空が澄み切って、
日差しが暖かな一日です。
みーたんは道でころんころんしたいね。
かわりにおねえちゃんがそんな気持ちで生きる。
おねえちゃんはもっとがんばって先に進みます。

おねえちゃん 11/28 11:10

642: ちから

晩秋、晩年と辿る様に思い出す。
君のぬくもりさえ思い出そうとする。
今いたら14歳、おじいさんになって日向ぼっこで目を細めているかしら。
そんな、せがないことを思っては涙ぐむ。
ちから、私のちから。

おかあ 11/10 14:33

641: ライトへ


ライトへ

ライト・・
会いたいよ・・

1年7ケ月前に戻れるなら・・
みけもグッドもライトも今も私の目に写っているのに・・

ライトに会いたい・・

キュ-、こチビ、とら、チビ、ライト、グッド、みけのままより


みけ、グッド、ライトのままより 11/04 16:00

640: みーたん

みーたん、月命日の朝に来てみました。
今日はすごくいい天気です。
みーたんがいたら飛び出していって、
アスファルトの上でごろんごろんするね。
おねえちゃんはそんな素朴で原始的な喜びを感じられず、
毎日自分のお守りをするのも大変です。
でも毎日燃焼して生きているよ。
今日もがんばるね。

おねえちゃん 10/28 09:47

639: みーみ ロイ

みーみ、ロイ。
人から見たら、おねえちゃんは全てを持っている幸せ者に見えているだろうね。
実際にそうかもしれない。
でもおねえちゃんは、海の水を飲むみたいに、
どんなことをしてもますます乾く。
持てば持つほどに満たされないんだ。
ただお前たちを抱き上げて、瞳の中を覗き込みたい。
柔らかい毛皮の感触だけ感じて、静かに泣きたい。
お前たちじゃないとどうにもならない、おねえちゃんの気持ちは誰にもわからないよね。

会いたいよ、すごく。
幸せなのに、おまえたちがいないとたまらなく淋しい。

おねえちゃん 10/21 17:07

638: みーたん

月命日に寄ってみました。
もう何回目の月命日なのか。
みーたんが威張って歩いていたこの近所もずいぶん変わったけど、
まだあちらこちらに大好きな猫じゃらしが生える裸の地面はあるよ。
渡る風にお前を感じる…
季節も時空も超えて、いつも会いにきてね。

おねえちゃん 09/28 22:00

637: マロンへ

マロン、明日はマロンがお空へ行った日だね。
どんな風に過ごしてるの?
今日はマロンが好きだったささみスープを作ったよ。
みんなが先に おいしいおいしい と食べてしまってごめんね。
マロンのおかげでおいしいのが食べれたって、満足してくれたよ。
ありがとう。
お空では、星と星の間を自由に走り回ってるのかな。
すごいスピードなんだろうな。
時々はこちらの様子を見に来てるかな。

うちに来てくれてありがとうね。
出逢えて本当に幸せだったよ。
大好きだよ。
また会おうね。

ゆきこ 09/15 20:53

636: ちから

風になった私のちから。
部屋を通り抜ける一本の風が君だと思い
首筋にかかる風を君を抱いた時の吐息だと思う
そうやって月日が過ぎて行った。
こっちを見てる写真を飾り
今もなお、目と目で通じてると熱く思う、君のおかあだよ。

おかあ 09/15 15:04

635: ちからくん

きのう、君の鼻に近づけると”パクッ”っと食いついてた秋の草があった。君と遊ぼうとよく摘んでいた。一心に草を見る顔を思い出す。かわいい私のちー、8年が経つのに涙が溢れる。最期まで生きるとは何かを小さな君が見せてくれた。君の寡黙さが伝えてくれた終わるということ。くじけそうな時、いつも思い出す。

おかあ 09/12 19:21

634: みーたん

また一ヶ月があっという間に過ぎていきました。
世の中の状態がとても悪く、こんなときに独り身で猫まで飼っていたら、
自分の身に何かあったら可哀想な目に合わせてしまっただろうと、お前たちをそちらに送ってよかったとも思います。
でも逆に、こんなときだからこそ柔らかい毛皮に癒されたいです。
すごくすごく暑くて、最後の夏みーたんにいろんな缶詰を日替わりで食べさせてたのを急に思い出した。
お前たちの世話をするのは本当に幸せだったよ。
ありがとう。
みーみ。すごく会いたいね。

おねえちゃん 08/28 20:03

633: みゅんちゃんへ

みゅんちゃん、元気ですか?
会えなくなってもう19年になるんだね。
一緒に過ごした時間と同じ時が流れたんだね。
みゅんちゃんが家に来てくれたから
私は猫と出会い、今も暮らしてるよ。
たくさんの幸せをありがとう。
もうすぐお盆だね。
ゆっくり過ごしてね。
いつもありがとう。大切なみゅんちゃん。

ゆき 08/11 00:27

632: みーたん

みーたん、夢に来てくれたね!
キクとボランティアで外にある大きな図書棚に梯子をかけ、雑巾をかけてたら、
みーたんが走ってきて、いつもの目でおねえちゃんに訴えた。
「そこの空いてるロッカーに入りたい」
おねえちゃんは急いで梯子を降りて、椅子の踏み台を置いてやったら、
みーみは一目散にロッカーの一つに飛び込んで、
あの頃と同じ狩人の身のこなしで、中でくるりと方向を変え、
顔をこちらに向けると、悪戯な目でおねえちゃんを誘ってきた。
「さあ、何かをして遊んで!」
おねえちゃんはそんなみーみが可愛くて、いつものようにお前の長毛のお顔をふわっと両手で包んで、
おでこにチュッとした…

すべてがあまりにもリアルで、
すべてがあまりにあの頃と同じで。
きっとお前が会いに来てくれたのだと信じる。
おねえちゃんの誕生日に急いで走ってきたけど、
すごく遠かったから、ちょっと遅れてしまったんだよね。

お前の目も、毛皮も、身のこなしも…
全部同じだったから、
おねえちゃんは涙が止まらない。
今でも全く変わらず愛してるとわかってくれたよね。

すごく遠く、大変だっただろうね。
でもまた必ず会いに来てね。
みーみ。大好きな大好きなみーみ。

おねえちゃん 08/06 08:45

631: みーたん

月命日に来てみたよ。
市営住宅が取り壊された空き地には、みーたんが大好きな猫じゃらしがたーくさん生えているよ。
みーたんと会った棟があったところに、白くて可愛い花が咲いていたから、
みーみとおねえちゃんの花だって勝手に決めて写真を撮った。
おねえちゃんも歳をとったけど、毎日新鮮な気分を大切にして暮らしているよ。
いつかもう一度みーみに会える日まで。

おねえちゃん 07/28 09:01

630: みけへ


みけ

ごめんなさい・・
みけを・・助ける事が出来なかった・・
1週間前の今日の30分前に・・

みけが・・の連絡を受けた・・
午前中は3度電話して・・

目力が戻ってきた。
もぞもぞとしだしてきた。
体温が上がってきた。

と・・いい知らせばかり受けていた後の・・
1時間後・・
急変の電話・・
そして42分後・・
心肺蘇生をしたけど・・の電話だった・・

もっと早くみけの異変に気付くべきだった・・
もっと早くみけを病院に連れていくべきだった・・

グッドの次はみけと決めていたのに・・順番を変えてしまった・・私・・

みけ・・
本当にごめんなさい・・

みけ・・
大切な大切な大切でとても愛してるみけへ
これからもずっとみけのそばにいる・・
ままより

グッド、みけのままより 07/21 15:18

629: みーたん

月命日の朝にお前の夢を見た。
会えて本当に嬉しかったよ。
高速道路の下で会って、一緒に帰る夢。
短い足でちょこちょこついてくる姿は、
変わっていなくてとても可愛かった。
今日1日このまま一緒にいてほしい。
というより、おねえちゃんが見えてないだけで
いつも一緒にいてくれてるのだったらいいな。

今日もがんばるね。

おねえちゃん 06/28 07:26

628: ロイ

ロイ、不思議に、失くして一年の去年より今年の方が辛いよ。
デルフィニウムの6月。
お前の花。
お前の月。
それはおねえちゃんの月、おねえちゃんの花。
おねえちゃんとお前は、最後は一つだったからね。
そうだよね?
ひとりで行ってしまって…
おねえちゃんはすごく寂しい。
でもそれに気づかないように、こっちで全速力で生きているよ。
お前の目線を思い出すと、こうやってしばらく立ち直れないぐらい涙が溢れてしまうから。

おねえちゃん 06/24 23:06

627: グッドへ


グッドへ

グッド・・
もう少ししたら・・
3週間前の悪夢の時間がくる・・

3週間前のこの時間に戻りたい・・
水を飲ませようとしないから・・

それまでしていたように口につけるだけにしておく・・
そしたら・・グッドはまだ・・

グッド・・
会いたいよ・・
グッドのお世話をもっともっとしたかった・・
グッド・・
寂しいよ・・
グッド・・

大切な大切な大切でとても愛してるグッドへ
ままより

グッドのままより 06/21 15:31

626: チビへ


チビへ

チビ・・
ごめんね・・
命日の日にメッセージ書けなくて・・

でも、3年前の時間にはチビとお話したよね・・
友達からもらった手紙も読み返して・・

3年前の夜中・・本当に後悔しかない・・
チビを病院に連れて行った事・・
チビを病院に残してきた事・・
チビの目がガラス玉になる前に病院に到着できなかった事・・


全て後悔している・・

もっともっとチビと一緒にいたかった・・
もっともっとチビの気持ちを考えればよかった・・

病院を後にする時・・あの時のチビの私をみる目・・
今でも忘れない・・

どうして私を置いていくの?というあの目・・
私は・・明日は元気になっているんだよ。
明日迎えにくるからと伝えたけど・・その1時間半後にはチビは・・ガラスの目になっていた・・

チビ・・
本当にごめんなさい・・ごめんなさい・・

チビに会いたい・・
そして沢山謝りたい・・ただ・・謝りたい・・

大切な大切な大切でとても愛しているチビへ
ままより

チビのままより 06/21 15:28

625: 豆チビへ

豆チビへ
きつかったよね、、
頑張ったね、
具合悪そうだから、
そっと見守ることしかできず、
触る事も控えてて、顔もよくみれ
ず、旅立った。車のしたの箱に
入ってて、横たわって寝てる姿の顔が
忘れられません。これからまだまだ
長く生きていかれる命だったはず。
今度うまれこてくるときは、外ではなく、
いい環境で生まれくる魂。
どうか、外の猫ちゃん達が
守られて、生きていける世の中に
なりますように。
豆チビ、、いま眠ってる場所は
凄くいいとこだよ、
紫陽花の花も置いくれて、、
良かったね、豆チビ。
ありがとう。
忘れないよ。

ちゅんのおかあさんより 06/13 15:30

624: 豆チビへ

6月13日朝方豆チビが天国に
虹の橋に旅立った、
昨日、保護してぐったりしてる、豆チビを
病院に連れて行き、元気を取り戻したと
ばっかり思ってた。生まれて二週間ほどで、
小さくて、、1日もうちに居る事がなく
色々と後悔ばかりで、、
ウンチも2回立派なのをしてくれたのに。
元気になると信じてた。
今は、環境の良い場所に埋葬できて、
外では無くうちにきてくれて、虹の橋に
行けたこと、良かった。
でも、悲しいよ豆チビ

ちゅんのお母さんより 06/13 14:57

623: グッドへ


グッド

もうすこししたら・・1週間前の時間がくる・・
病院から帰宅していつものお気に入りの場所にグッドを寝かせて、ずっとそばにいた・・

そして・・注射してもらってきたから少しは食べれるようになったかも?とおもい・・

ご飯1時間前に飲ませるサプリを飲ませようと水を口にいれた時間がもう少ししたら・・くる・・

グッド・・・
本当にごめんね・・
救えなくてごめんね・・

グッドの姿があちこちにあるの・・
姿見せて今までのようにグッドに会いたい・・
グッド・・

まだ・・頭混乱してるままの私・・・

大切な大切な大切な大切でとても愛してるグッドへ
ままより

ライト、グッドのままより 06/07 15:45

622: キューへ


キュー

ごめんなさい・・
グッドを守れなかった・・
本当にごめんなさい・・

5/31の夕方15時50分ぐらいにグッドが・・
でも一度は心臓が動いてすぐに病院に連れて行ったんだけど・・
本当にごめんなさい・・

キューが天使になった時にキューの子供達を守ると約束したのに・・

昨年のライトから1年でグッドまでも・・

キューの子供たちを守れなくて・・
ごめんなさい・・

キュー
ごめんなさい・・

ままより 06/02 13:50

621: チャッピーへ

今日で1ヶ月 最初の命日です。もうお母さんやお姉ちゃん達と一緒に過ごしていますか?
特にチャッピーはお母さんが大好きでお姉ちゃん達ともいつも一緒だったよね。
あと4日で18歳のお誕生日を迎える事が出来ると思っていた。
久しぶりに家族でお祝いしているかなぁ?

お父さんも頑張るから応援して下さい。

お父さんの子になってくれてありがとうね。

お父さん 05/28 21:23

620: みーたん

みーたん、今月も月命日です。
この季節は、みーたんのことよりロイのことの方が、
しかも辛い思い出ばかり思い出されます。
でもおねえちゃんは、お前たちのおかげもあって人生最強な気分です。
自分が思っても見なかったところまで走っていくつもりです。

でも一日が終わってベッドに横になると、
必ずみーたんのことを思います。
みーたんがあの頃のように、ベッドにのぼってきているのかな。
そうだといい。
科学で説明がつかないようなことがあったら素敵だよね。
お前たちのこと、おねえちゃんはいつも心のどこかに感じている。

おねえちゃん 05/28 17:07

619: ロイ

二年前の日記を読んだよ。
本当に辛かったね、ロイもおねえちゃんも。
よくがんばったよね。

お前一人そっちに行ってしまった。
おねえちゃんはあの時強くなったまんま。
だからこっちの生活を懸命にまっとうする。
お前が残したものを決して無駄にはしないよ。
そういった形で、これからもお前と生きていく。

おねえちゃん 05/20 23:18

618: みーたん

みーたん、月命日の朝に来てみました。
このひと月はとりわけ長く感じました。
がむしゃらに仕事をこなしベッドに入ると、
いまだにみーたんとロイのことが思い出され、
二人がどれほど無邪気な癒しでおねえちゃんを包んでくれていたか知ります。

マデリンが急にご飯をもらいに来なくなり、
二ヶ月以上になるかな。
もう会えないだろうと思います。

お父さんが書き込みされているチャッピーちゃんも、
とても大事にされ、心から愛され、そちらに帰っていったと伺ってます。

みんなみんな、仲良くそちらでほんの少しの間待っていてね。
こちらはとても大変な世界だけど、
いつか必ず迎えに行くから、また子供になって一緒に暮らしてね。

おねえちゃん 04/28 08:01

617: 天国の子供達へ

ミーちゃん、シロちゃん、メグちゃん、チビちゃん、先程
メグの子供 チビの姉妹のチャッピーが虹の橋を渡りそちらへ向かいました。これでまた5猫が一緒になります。チャッピーは最期まで親孝行で、お父さんの休みに旅立ちました。
1年の闘病の中で何度も生死を彷徨い生還しましたが、最期は
苦しむ事なく眠る様に息を引き取りました。
今日の午前中にお寺に行き荼毘に伏します。
お墓にてみんなにも報告します。
でもみんなが、守ってくれたからここまであの子は頑張れたと思います。
みんなありがとう そしてチャッピー お疲れ様でした。
今日からまた5猫で沢山食べて 沢山遊んで、お父さんを待っていてください。

今日まで17年と10ヶ月 18歳の誕生日目前での旅立ちですが
お父さんは幸せでした。

ありがとう。

お父さん 04/28 02:36

616: ライトへ


ライト

ライト…会いたいよ…
ライト…声が聞きたいよ…
ライト…抱っこしたいよ…
ライト…とても会いたい…

あの日から1年の日が…
1年前の今日の朝、いつもよりは早かった。
でも、それは私が寝落ちしてしまったから、リビングは煌々と
テレビもつけっぱだった…
だから夜は明るかったけどたまに寝落ちしてしまう私にはよくある
事だった…

でもそれがだめだったのか…
今もわからない…

ただ…部屋にいるライトを出してウンコが付いてる足を洗って
リビングに離して約5分後に
ライトは…
ライトは…
心臓を止めた…

1年の月日が流れてもまだ私は、受け入れられない…
ライト…会いたいよ…

姿みたいよ…ライト…

大切な大切なとても大切で愛してるライトへ
ままより…

ままより 04/04 21:06

615: みーたん

月命日だね。
桜の季節、お姉ちゃんは毎日めいっぱい楽しんでいるよ。
おねえちゃんのもとからみんないなくなってしまったけど、
それはおねえちゃんを縛る鎖を放ったと考えることにしてる。
孤独と自由は完全に一つのもので、
表からみるか裏からみるかだと知った。

でも当時から、おねえちゃんは自覚してたんだ。
その不自由さが幸せだと。
お前達のお世話をする大変さ、
かさむ費用、
思い責任感、
そういうじんわり温かな実感がね。

今月もありがとうと言いにここに来た。
何万回も抱き上げた時のおまえの感触。
急にいま思い出して、鼻につーんと来た。

おねえちゃん 03/28 16:08

全ての投稿を HTML 化してダウンロードできます。
ダウンロード後、ファイル名を neko.htm に変更して利用下さい。